DVD Decrypterをダウンロード!使い方説明(vista)使い方(使用方法)ダウンロード) ⇒ 使い方
スポンサードリンク

使い方

DVD Decrypterの使い方にご紹介します。
使い方はそんなに難しくありませんよ。

使い方を難しく考えなくともラクに使用できるのがDVD Decrypterのメリットですね。

片面1層DVDのバックアップの使い方

では、まずはリッピングの方法からご紹介。

[使い方1:DVDデータをPCにコピーする。(リッピング)]

DVDドライブにDVDをセットし、DVD Decrypterを起動します。
DVD Decrypterの設定はすべてをデフォルトにしましょう。

※オペレーティングシステム(OS)がWin9x系では、NTFS環境を使用出来ないため、4GB以上のファイルを作成することができません。
『Tools』→『Settings...』→『ISO Mode』を選択しMaxsimumサイズを4GBに設定してください。


1. ドライブがきちんと認識されたら、メニューの中から『Mode→ISO→Read R』を選びます。


2. Destinationフォルダのアイコンを選んで保存先を指定し、名前をつけて保存します。


3.左下のボタンをクリックしてリッピングを開始します。


4.正常にリッピングが終了すると・・・
「Operation Successfully completed!」
というメッセージが表示されます。

『OK』を選択して終了します。
DVD Videoを取り出し、保存したフォルダを確認してみると拡張子ISOのファイル及びMDSファイルが作成されます。


[使い方2:DVDデータをDVD-Rに書き込む(ライティング)]

1.DVDメディアをドライブにセットしDVD Decrypterの起動を行います。。メニューから『Mode→ISO→Write W』を選択します。

2.source(ソース)のアイコンを選択し、手順1で作成したMDSファイルを選択します。

3.左下のボタン押してライティングを開始します。ライティングが正常に終了すると「Operation Successfully completed!」のメッセージが表示されます。

『OK』をクリックして作業を終了します。


[使い方3:動作確認]

・バックアップしたメディアとオリジナルDVD Videoをexplorer(エクスプローラー)の内容を比較して、全て同じファイルであることを確認してください。

・PowerDVD等のDVD再生ソフトで再生できるか確認してください。メニュー、チャプター、音声、特典映像等全ての情報がオリジナルDVDと同じになるはずです。


DVD Decrypterの使い方はご理解いただけましたか?
使い方は思ったよりも簡単ですね♪

※DVD Decrypterの使い方を悪用して違法行為を行うのはやめましょうね。
スポンサードリンク

日本語(日本語版)ダウンロード