DVD Decrypterをダウンロード!使い方説明(vista)設定(vista) ⇒ 設定
スポンサードリンク

設定

DVD Decrypterの設定

DVD Decrypterの設定についてご紹介してまいります。

[設定1]
RCEプロテクションを防止するために2にします。

[設定2]
リッピングをする時の保存先を指定します。

[設定3]
FileModeでリッピングする時に選択されるファイルをあらかじめ設定しておきます。

[設定4]
「RemoveVOBPUOs」「RemoveIFO PUOs」にチェックを入れます。

上記の2つにチェックを入れておくと、DVDを再生している時に次のタイトルにスキップできないなど、操作が禁止された部分を無効にしてくれます。

[設定5]
IFO編集やオーサリングを行う時に使用するIFO Modeでは、VOBをChapter単位でリッピングする事もできます。

[設定6]
ISOイメージでリッピングする時のファイルサイズを指定します。

[設定7]
ISOイメージをライティングする時に必要な設定を行います。
デフォルトで問題ありませんが、「Options」のみ注意して下さい。
+R DL2層(8]5GB)メディアに書き込む時の Layer breakポイント(1層めと2層の切り替え
位置)を指定します。
任意に設定する事もできますが、必ずデフォルトの「Calculate optimal」を選択して下さい。
古いDVDプレイヤーで再生する時に、再生互換性があがります。

[設定8]
バッファサイズは最大にしておくのがいいと思います。
最近のDVDドライブであればデフォルトでも特段問題はありませんが念のためです。

[設定9]
Plextor製のドライブを使用している場合であればチェックを入れます。

[設定10]
デフォルトの設定のままであれば、リッピングが完了した時に音楽が鳴ります。
しかし、ここのチェックをはずすと音楽を鳴らさないようにする事ができます。

[設定11]
上記と同様で、エラー発生時のSound設定です。

[設定12]
On Startupの「Check For Program UpDate」のチェックを外します。

DVD Decrypterは起動するたびに、更新情報が無いか確認する為、インターネットに接続しようとします。

DVD Decrypterの設定は難しい部分もありますが、しっかりDVD Decrypterの設定を勉強してDVD Decrypterを使いこなしましょう。
スポンサードリンク

再生インストール